Pythonの繰り返し

何か処理を繰り返すなら、


while文

while文の処理は、インデントした2行目から同じインデントが終わるまで。

while 条件式:
  処理
  処理
# インデントの終わりはwhile文の終わりを意味する

真偽値(条件式)がTrueなら処理が始まる。ブロックの処理が終わるたびに条件式を判断し、Falseならwhile文を抜ける。

while文の例

羊 = 1
while 羊 < 4:
  print("羊が" + str(羊) + "匹…") # str()は数値を文字列に変換
  羊 = 羊 + 1
print("スヤスヤ…")

条件式「羊 < 4」がTrueの間、処理を繰り返すので、出力はこうなる。

羊が1匹…
羊が2匹…
羊が3匹…
スヤスヤ…

break文とcontinue文

繰り返しの最中、繰り返し全体を終了するのがbreak文、次の回の繰り返しにジャンプするのがcontinue文。

while 条件式1:
  処理
  if 条件式2:
    continue # 次の回の繰り返しへ(条件式1の判断へ)
  if 条件式3:
    break # 繰り返し全体の終了

break文とcontinue文の例

下記はwhile True:となっていてそのままだと無限ループだが、breakcontinueを使ってループから抜けられる。

羊 = 1
while True:
  print("羊が" + str(羊) + "匹…") # str()は数値を文字列に変換
  羊 = 羊 + 1
  if 羊 < 4:
    continue
  print("スヤスヤ…")
  break

出力はこうなる。

羊が1匹…
羊が2匹…
羊が3匹…
スヤスヤ…

for文

リストの繰り返し処理

リストの要素を順次処理していくにはfor文を使う。下記の「要素」という変数には順番にリストの要素が代入される。

リスト = ['Python', 'HTML', 'Java']
for 要素 in リスト:
  print(要素)

出力はこうなる。

Python
HTML
Java